会社設立・起業・独立を成功させる秘訣!

会社設立、起業に関するお役立ち情報をまとめています。

起業するには資金が必要!手に入れるための手段とは?

新規事業を開始して成功したいと目指す人は多くなってきていますが、そのために不可欠なのが資金繰りです。起業するためには事業所用の物件の確保や必要な物資や人材の確保、商品やサービスなどの開発や宣伝広告といった形で様々なコストがかかります。資金繰りの方法として融資を受けるのが基本になりますが、国によって行われている創業融資を活用することができるようになっています。その要件をよく理解して準備しておくことが大切です。


国が支援する状況が生まれている背景についてある程度知っておくことも必要でしょう。国としては新しい事業を起こすことによって国の経済発展や国民の生活の支援が実現されることを望んでいます。しかし、実際に起業しようと考える人は多くなってきていても廃業してしまっている数も相当数あるのが現状です。この状況を打開するために融資制度を充実させて行くという方針から総合融資が活発に行われるようになっています。


実際に要件として求められているのは三点あります。創業の要件、事業内容の要件、自己資金の要件の三つであり、これらの全てを満たしていることによって限度額として3000万円まで融資を受けることが可能です。そのうちで半額に相当する1500万円を運転資金として融資を受けることができるため、創業だけでなく滑り出しに必要な資金を獲得するのにも活用できる仕組みになっています。新たに事業を始めるときや、まだ創業してから間もないときに必要な事業資金を確保するのが目的でなければなりません。また、創業資金総額の十分の一以上は自分で確保できていることを示せる必要があります。これが創業の要件と自己資金の要件であり、これに加えて事業内容に関する要件を満たしていれば審査を受けて融資を受けられる可能性が切り開かれるでしょう。


創業融資の特徴として銀行などの融資よりも条件が緩められている点が二つあります。一つは実績が不要な点であり、創業するときに最もメリットが大きい点となるでしょう。銀行などで融資を受けたいというときには実績が伴っていないためになかなか融資を受けられないことがあります。むやみに貸してくれるというわけではありませんが、事業計画が明確になっていて利益を生み出せるビジネスモデルが確立されていると判断されれば融資を受けられる可能性が十分にあるのです。将来展望が豊かであり、さらに社会への還元という観点からも優れている面が見られると融資を決定してもらえる期待が高まります。


もう一つは連帯保証人や担保が不要とされていることです。融資を受けて返済ができなくなることは珍しいことではありませんが、高額の融資を受けるためには連帯保証人を見つけられないことも多く、担保にできるものもないというのはもっともでしょう。事業が成功してからであれば可能であっても、最初からそれを求められるのは厳しいのが事実です。その点でも優れている融資となっているのは国の力によるものだからと言えます。


融資を受ける際には利率が気にかかりがちですが、比較的低く設定されているのも融資事業として国が担っているという影響を大きく受けています。利率は変動しているのでその都度確認することが必要ですが、一般的には1%から3%程度の枠内に入っている状況が続いているため、比較的負担が小さくて済むでしょう。低金利の時代になっている影響があるのも確かなので、実際に申し込むときにどの程度の利率になっているかは確認する必要があります。


起業するときにはまず目を向けてみると良いのが創業支援であり、具体的に考えている事業内容が要件を満たすように工夫することが大切です。該当する融資制度があるかを確認して、うまく関連付けを行うようにしましょう。

このページの先頭へ